FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


日本の場合、戦前に国家神道、具体的には
靖国の名によって多くの国民を戦争に駆り立て
たことを反省して憲法で政教分離を明記した
と思います。

肝心の靖国神社に多くの閣僚が参拝することに
対しては最高裁は何の文句も言っていないという
のに。

政治の在り方を説いた孔子について政教分離を
持ち出す最高裁の判断はどうしても納得はできませんね。

孔子廟の政教分離訴訟 那覇市の地代免除は「違憲」 最高裁判断

那覇市の公園内に設置された儒教の祖・孔子を祭る
「孔子廟(びょう)」の土地使用料を市が全額免除して
いることが、憲法が定める政教分離の原則に違反する
かが争われた住民訴訟の上告審判決で、最高裁大法
廷(裁判長・大谷直人長官)は24日、憲法違反と判断した。
 政教分離訴訟で、最高裁が違憲判断を示したのは、
愛媛県が神社に玉串料を支払った「愛媛玉串料訴訟」
(1997年判決)、北海道砂川市が神社に市有地を無償
提供した「空知太神社訴訟」(2010年判決)に続き、3例目。





スポンサーサイト



ナチスの行ったおぞましいユダヤ人の大量虐殺は
ユダヤ人だけでなく健全?優秀な人種、人間以外は
生きる価値がないという優生思想、優生政策に
基づいたものでした。

その政策のもと、ナチス政権は「強制断種政策」と
「障害者安楽死政策」を実施したんです。

当然許されるものではありませんよね。

ところが、なんと日本では戦後の1948年から
つい最近の1996年まで存在した優生保護法に
よって、優生学的断種手術、中絶、避妊を行って
いたんです。

今、各地でこの優生保護法の犠牲となった方に
よって国に対して賠償請求訴訟が行われて
います。

今までは、手術時から20年以上過ぎていると
いうことから門前払いでしたが、今回、2例目の
違憲判決が出ました。

しかし、以前として20年の除斥期間が過ぎて
いるとして訴訟自体は敗訴でした。

旧民法規定の除斥期間を、そもそも国への
訴訟に当てはめること。

また、優生保護法が存在ている間、またその
法律自体が問題であることが明確でない間に
訴訟することが現実的でないにも関わらず、
訴訟できる内容であったことを知った時点では
なく、手術が行われた時点を20年という除斥
期間の起点としていること。

こうしたことを考慮しなかった判決に裁判官の
人間性を疑わざるをえません。

最高裁まで争っていただきたいと思います。

旧優生保護法 大阪地裁も「違憲」 2例目 賠償請求棄却

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制さ
れたとして、夫婦と女性の計3人が国に計5500万円の
国家賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は30日、
旧法を違憲と判断した。林潤裁判長は「旧法は非人道
的かつ差別的。子を産み育てるかどうかを意思決定する
自由を侵害し、違憲だ」と述べた。一方で、不法行為から
20年で賠償請求権が消滅する「除斥期間」が経過した
として国の賠償責任は認めず、原告側の請求を棄却した。
ー中略ー
 全国9地裁・支部で起こされた同種訴訟で3例目の
判決で、いずれも原告側敗訴となった。違憲判断は
2019年5月の仙台地裁判決に続く2例目。20年6月
の東京地裁判決は違憲性を明言していなかった。



<参考>

ナチス・ドイツの優生政策
http://www1.s-cat.ne.jp/0123/Jew_ronkou/NazisGermany/Nazis_yuuseiseisaku.html

旧優生保護法をわかりやすく解説!対象者や問題点とは?
https://tokuneta.info/archives/5822

【論文】旧優生保護法―戦後日本の隠された差別と闘う―
https://www.jichiken.jp/article/0144/





ようやく判決が出ましたが、そもそも罪名が障害致死。

どう考えても殺人罪として求刑すべき内容と思います、
で無期懲役が妥当なんではないかと。

さらに、教育委員会、教師、児相などの直接の関係者も
この男に言われるままに心愛ちゃんを擁護しなかったのは
殺人ほう助で起訴すべきではないかと。

そうすれば、今後助かる命が増えるのではと思います。

野田女児虐待死 父親に懲役16年の実刑判決 千葉地裁

 千葉県野田市で2019年1月に小学4年の栗原心愛(みあ)さん
(当時10歳)を虐待して死亡させたとして、傷害致死など六つの
罪に問われた父勇一郎被告(42)に対する裁判員裁判で、千葉
地裁(前田巌裁判長)は19日、懲役16年(求刑・同18年)の実刑判
決を言い渡した。
 検察側は今回の事件を、これまでの虐待による傷害致死、
保護責任者遺棄致死事件に比べて虐待期間が長く、内容も
陰湿で残酷として「従来の量刑傾向を大幅に超える比類なき
重い事案だ」と悪質性を強調。さらに、虐待を認めて謝罪し
ながら女児の言動が虐待の発端になったとする被告の主張を
「この期に及んで女児に責任を押しつける態度に開いた口が
塞がらない。反省の態度はみじんも感じられず、いまだに女児
を虐待している」と厳しく非難していた。





やっとまっとうな判決。

以前、当ブログでも日本の司法では、女性が明確に
否認していないと準強姦などが成立しないなんて
男性論理がいまだまかり通っていることをご紹介。

娘と準強制性交、父親無罪 「抵抗不能」認定できず 地裁岡崎支部
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-4518.html


今回、上の記事の中で触れた福岡地裁の判決が否定
されました。

準強姦の罪で一審無罪の会社役員に実刑判決 福岡高裁

 酒を一気飲みさせられ、眠り込んだ女性と性交した
として準強姦(ごうかん)の罪に問われ、一審・福岡
地裁久留米支部が無罪判決を出した福岡市の会社
役員椎屋安彦被告(44)に対し、福岡高裁は5日、
懲役4年の実刑判決を言い渡した。
 一審判決は、お酒を一気飲みした女性が酩酊(めいてい)
し「抗拒不能」だったと認めたものの、ある程度言葉を発す
ることができたことや明確な拒絶の意思がなかったことから
「性交時、被告人は、女性が被告人と性交をすることを
許容していると誤信してしまう状況になった」と判断。「女性が
抗拒不能な状態にあったことを、被告人が認識していたとは
認められない」としていた。


日本の法律でも海外のように、女性が明確にOKの意思を
示していないかぎり強姦罪が成立すればいいんです。

そうなれば、伊藤詩織さんの事件でも山口敬之は最初から
刑事事件でアウトになっていたことでしょう。




米国でのトランプ弾劾訴追は米国が民主国家で
あることを示していると思います。

一方わが日本。

安倍政権はほぼ独裁国家、あるものを無いと言い張り
安倍、その取り巻きたちはやりたい放題。

その中でも、信じられないのがすでに当欄でも述べた
安倍の友達が強姦疑惑で所轄署が逮捕直前で上層部
から停止命令をくらった事件。

いまどき、性被害を受けたと女性が主張していることに
対して男性が合意と言い張るようなことなど通りません。

こんなことが通るような民主国家などありえません。

しかし、ついに民事では勝訴となりました。

「社会状況改善すべく性的被害公表 公共性ある」 伊藤さん勝訴 判決ポイント

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者の
山口敬之氏(53)から性的暴行を受けたとして損害
賠償請求し、勝訴した。
争点になったのは、性行為に合意があったかどうか。
東京地裁は、伊藤さんの供述について「客観的な
事情や行為後の行動とも整合し、信用性が高い」とする
一方、山口氏の供述は「重要部分で不合理な変遷が
ある」と判断。酩酊(めいてい)状態の伊藤さんに対し、
山口氏が性行為に及び、意識回復後も体を押さえ
つけて性行為を継続した――と認定した。





 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る