fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


王将戦第3局が始まりました。

藤井八冠はここまで連勝ですから、
3局に勝利すれば王手です。

いつもながらのおやつのご紹介。

午前の藤井八冠のおやつを菅井八段が
注文。

この選択がどういう結果を産み出すんで
しょうか。

いちごのモンブラン、菅井は生クリーム大福 王将戦おやつ

 島根県大田市の国民宿舎「さんべ荘」で27日に始まった
第73期ALSOK杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツ
ニッポン新聞社主催)の第3局は午後3時ごろ、両対局者に
おやつが出された。
 藤井聡太王将(21)は「朝摘み苺 いちご姫」とアイスティー、
菅井竜也八段(31)は「生クリーム大福」とホットコーヒーを
それぞれ注文した。
 おやつは地元の菓子店など6店が7種類用意。いちご姫は
「ガトー・サンマリノ」が提供。ベリーソースの入ったバニラ
ムースを、いちごのモンブランで包んだ洋菓子。生クリーム
大福は午前のおやつで藤井王将が頼んだものと一緒だ。
菅井八段が午前と午後、連続でお菓子を頼むのは、今期
では初めて。





スポンサーサイト



正月2日ももしかして大事故かという
航空機の衝突事故。

今年は出だしから日本はよろしくない
ですね。

そんなことを吹き飛ばすためのスポーツ
記事。

青山学院大『箱根駅伝』2年ぶり7度目の総合優勝 記念すべき100回目の王座に

 第100回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は
3日、復路が開催され、青山学院大が大会新記録の
10時間41分25秒で、2年ぶり7度目の総合優勝を飾った。
 神奈川・箱根町~東京・大手町の復路5区間109.6キロ
で行われ、往路優勝の青山学院大が総合優勝を果たした。
大会前には2年連続3冠を狙う駒澤大学の「1強」ともいわれ
たが、奪還。往路5時間18分13秒の大会新で制すと、復路
も影も踏まさぬ完勝で、記念すべき100回目の王座に就いた。
 青学大は91回(2015年)の初優勝から4連覇を含め、
10年で7度の優勝となる。


今年の正月は驚く災害で幕開け。

元旦の夕方に地震に襲われた方々
たまったもんじゃありませんでした。

一瞬、また東日本大震災並みのもの
かと思いましたが、不幸中の幸い。

ただ、またまた原発に対する不安が。

今日、2日は日本も平静を取り戻し、
第100回箱根駅伝が実施されました。

今回の往路、悲劇の途中棄権などは
怒らず、青学の復調が印象的でしたね。

箱根駅伝 100回目の記念大会 

 第100回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)
は2日、東京・大手町―神奈川・箱根町の往路5区間
107・5キロに23チームが出場し、青山学院大が2年
ぶり6回目の往路優勝を果たした。
 青山学院大は3区でトップに立つと、そのままリード
を維持した。史上初の2年連続大学駅伝3冠を狙う
駒沢大が2位、城西大が3位に入った。4位東洋大、
5位早稲田大、6位国学院大、7位創価大、8位
大東文化大、9位法政大、10位順天堂大、11位
国士舘大、12位帝京大、13位中央大、14位
駿河台大、15位山梨学院大、16位東海大、17位
立教大、18位中央学院大、19位日本大、20位
東京農大、21位日体大、22位神奈川大、23位明治大。








今回の問題で加藤選手は日本では
極めて有名になり、メディアで頻繁に
取り上げられるようになり、おそらく
CMにも採用されてささやかに収入が
増加することになるのでは?

全仏協会の判定は許されるものでは
ないし、相手ペアの抗議もふざけるな
という感じ。

ただ、協会は抗議に対してはねつける
べきであったので罪としては協会が
重いと思います。

一方、抗議した相手ペアはスポーツマン
として終わりですね。

あまり言われていなんですが、ラインズマン
というかパーソン。

動画をみるとボールが飛んでくるのを怖がって
後ろを向いてしまってボールに当たっています。

あんな緩いボールをよけられないなんて
ラインズマン失格です。

当たらなければ今回の問題は起きない、
さらになんで泣き続けるのかと。

一番の問題はラインズパーソンの彼女ではと
思ってしまいます。

“女王”ナブラチロワさん 全仏テニス加藤組の失格問題、相手のチェコ&スペイン選手は「恥ずべき」

 女子テニスの往年の名選手、マルチナ・ナブラチロワさん
が8日までに自身のツイッターを更新し、女子テニスの
加藤未唯(28=ザイマックス)が4日にパリで行われた
全仏オープン女子ダブルス3回戦で失格になり、マリエ・
ブズコバ(チェコ)サラ・ソリベストルモ(スペイン)組に敗れ
たことについて言及した。
ー中略ー
 ナブラチロワさんは「失敗させるために審判に抗議した
対戦相手ペアは恥ずべきです。ルール変更が必要です。
ビデオでのリプレー検証もできたはずです」と自身の
見解をつづった。また、ワシントンポスト紙も「多くの
関係者は対戦相手のペアが厳しい処分を審判に主張し
たことを醜いスポーツマンシップと捉え、彼女たちを批判
の対象としている」と報じた。







今の日本、嫌なことが多すぎです、
そんな中で目をそらすのではなく、
明るい将来を感じさせてくれるのが、
若い二人。

文化面での藤井6冠とスポーツの
大谷選手。

結局WBCの優勝の瞬間をTVで見て
しまいました。(*^_^*)

MVPは大谷翔平 二刀流で侍ジャパンの世界一に貢献 WBC

 野球の国・地域別対抗戦、第5回ワールド・ベースボール
・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミの
ローンデポ・パークで決勝があり、日本代表「侍ジャパン」が
前回王者の米国に3―2で勝ち、2009年の第2回大会以来、
3大会ぶり3回目の優勝を果たした。大会の最優秀選手
(MVP)には投打の「二刀流」で世界一に貢献した大谷翔平
選手(エンゼルス)が選ばれた。






 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る