fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


東京は昨日に続いて暑さのあとに、雷雨
です。

その上に、雹とは。

東京で1センチ大の「ひょう」降る 落雷や竜巻にも注意

 上空に流れ込んだ寒気や梅雨前線の
影響で、東京都内では11日午後、一部
地域で大雨やひょうに見舞われた。練馬区
では午後4時までの1時間で22・0ミリの
強い雨を観測。気象庁は東京都や埼玉県、
千葉県などに一時、竜巻注意情報を発表した。


熱海や広島での自然災害、そこら中の
大雨。

もう日本は4季のある風情のある気候
なんてものではなく、亜熱帯から熱帯の
気候に変わったよう。

明かに地球温暖化が進んでいると感じます。





スポンサーサイト



自然と宇宙、人間社会のごたごたなど関係なく動いています。

とはいえ、沖縄などの米軍基地建設の話を聞くと、こんな世界
に影響を及ぼしてしまいますね。

まあ、とりあえずは心穏やかに眺めていましょう。

奄美大島サンゴ産卵

奄美大島沖でサンゴの産卵始まる 夜の海を漂う幻想的なピンクの粒

 鹿児島県の奄美大島沖でサンゴの産卵が始まった。
ピンクの粒が夜の海中を漂い、幻想的な命の営みの
光景を作り出している。
 同県奄美市の自然写真家、興(おき)克樹さん(49)が
撮影。産卵は同県大和村国直の沖合250~400メートル、
水深2メートルの海底で10日午後10時ごろから約1時間半
続いた。ミドリイシ属のサンゴが、精子や卵が入った
「バンドル」と呼ばれるカプセルを一斉に放出。興さんに
よると産卵は数日続くとみられ、「周辺では卵の匂いを
感じ、海中のピンクの帯が見られるかも」。


小さい頃はサンゴは石なり竜宮城の海の植物なんて
思っていましたが。

産卵するなんて一応イソギンチャクの仲間の動物。

このカプセルは海面ではじけて、受精卵からできた
幼生は一週間全と海面を浮遊し、その後、海底に
定着していわゆるサンゴになるそうです。





 | ホーム | 


FXで斬る