FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


病院のベッドが足りないなら早急に増やすことが解決で
あって、病床数不足を理由にPCR検査をやらないなご、
行政の無策を物語っている。

結果として、感染者は野放しになり、防ぐには全員の外出
自粛しかありえないことになる。

まずいことに、コロナは症状の無い感染者の割合が当初から
多いと言われていた。

となると、収まったとみえても、自粛を緩和すると無症状感染者が
市中にあふれ、またコロナが蔓延するということを繰り返す。

当欄で何度か言うように、この悪の連鎖を断ち切るには、全員と
いわずとも検査数をふやし隔離を徹底すれば蔓延の確率が
大幅に減ります。

ただ安倍政権、それによいしょする専門家会議は国民のためだが
お金のかかるこうした方策は一切せず、ばかげた新しい日常なんて
ことを提案しています。

さすがに、こうした方向に疑問を呈する流れが出てきている
ようですね。

検査広げたら陽性次々 北九州、113人の半数が無症状

 新型コロナウイルスの感染確認が続く北九州市。濃厚
接触者へのPCR検査を拡充したのが理由の一つとされるが、
当初は感染経路不明者の割合も高かった。10日連続と
なった1日までの感染者113人のうち半数ほどが無症状。
専門家は「収束には検査拡充が欠かせない」と指摘する。


「みんなのPCR検査」こそ日本経済回復の道

 日本では、PCR検査(遺伝子検査)を簡単に受けられる
環境がないことが、「もしかすると、新型コロナ感染者が
公表されている人数以上にいるかもしれない」という不安を
潜在的に大きくしている。少なくとも、筆者の周りでは
「PCR検査を受けた」という人は見当たらない。
ー中略ー
 まだワクチンも治療薬もない現状では、再び新規感染者が
増え始めると、政府はまた経済活動を制限するしかない。
この繰り返しでは、経済が回復軌道に乗ることはありえない。
 PCR検査の徹底は、別の言葉で言えば「リスク管理」である。
陽性の人がまだ多く隠れているかもしれないと思えば、
人々は新型コロナという「ブラックボックス」に対して強く
警戒心を抱く。分布や確率がわからないと、人はそれを
リスクと感じるのだ。
 結局のところ、検査体制の充実こそがリスクを「見える化」
する。逆にいえば、リスクを人々がきちんと把握できるように
ならない限り、経済の本格的な回復もありえないのである。








スポンサーサイト



全世界に笑いを提供し、暗い気持ちを明るくした
ことで貢献したアベノマスク。

国民の支援策ということは、国には期待できないという
ことで、全国の自治体は支援金などいろいろと独自策を
発表しています。

当然、マスクについても意味のある方策。

市のレベルでは今月和歌山の有田市。

マスクを市が1世帯につき50枚 地元企業寄付 和歌山

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、和歌山県
有田市は17日、市内の全世帯を対象に、1世帯当たり
マスク50枚を配布すると発表した。
 作業用品を製造販売する市内の企業「ユニワールド」
から計58万8千枚のマスクの寄付を受け、市内1万1740
世帯(3月末現在)に自治会を通じて4月下旬をめどに
配布するという。同社によると、マスクは取引先の中国
企業から仕入れたという。


こちらは福井県、ちょっと違った取り組み。

「アベノマスク」より「福井のマスク」に称賛の声 全世帯に100枚買える全国初の取り組み

マスク不足を解消するため、福井県が全世帯に最大100枚分の
マスク購入券の配布を決め、称賛の声が上がっている。都道
府県レベルでマスク購入券の全戸配布は初。
新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクの品薄状態が続く。
そんな中、福井県が全世帯に最大100枚分のマスクが買える
購入券を配布すると発表し、話題になっている。県によると、
都道府県レベルでの全世帯へのマスク購入券配布は全国初。
購入券は23日以降、県内の各世帯に郵送される。生活雑貨
などを販売する地元企業など県内外の2社が、中国製の
不織布マスク30万箱(1箱2350円)をすでに確保。県が仲介し、
県内の全17市町にあるドラッグストア「ゲンキー」で順次販売
される。県がマスクを買い上げるのではなく、購入をあっせん
する形で、委託先のゲンキーに配送料などを支払うという。







コロナ対策のため、例えば小池知事によれば小人数(こにんずう)
の飲食も控えて欲しいとの要請。

でも、海外では一人での運動は構わず、また他人とは1.8m(2ヤード)
離れて欲しい、さらに会食の制限を言った際には10人以上はダメなど
具体的な指示。

日本では、法律云々よりも、補償をしたくないがための自粛、自己判断を
求めています。

一番大切なことは、見知らぬ人とツバキがかからない距離にいる
ことと思いますが、どうも頭の悪い専門家だらけのようで、定量的、
台風進路のような確率的な説明がなされません。

それでも、国のトップがある意味具体的な許容範囲を言って
くれました。o(^-^)o

安倍昭恵氏の桜写真報道 首相「花見ではない」と反論 参院予算委

 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、妻の昭恵氏が
東京都内で知人らと桜の下で撮影した集合写真を報じた一部
週刊誌の電子版に関し「都が自粛を求めている公園での花見
のような宴会を行った事実はない」と反論した。「都内で知人と
会合を持った際に、レストランの敷地内の桜を背景に記念撮影し
たということだ」と述べた。立憲民主党の杉尾秀哉氏への答弁。


知り合いの居酒屋の経営者など、多くの町の飲食店が今、
本当に困っています。

顔見知りの客同士が飲食することは構わないということに
すべきでしょう。

万一コロナにうつったとしても、感染経路はわかりますしね。







イタリアのコロマ蔓延のニュースを知れば当然、
こうなると思っていました。

テドロス氏「今後数週間で感染国拡大の恐れ」 WHOパンデミック宣言 対策強化訴え

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、ジュネーブで
記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大について、世界的な
大流行を意味する「パンデミック」の状態だと述べた。WHOが
パンデミックの表現を使うのは2009年の新型インフルエンザ
以来11年ぶり。各国に感染拡大阻止に向けた対策強化を訴えた。


WHOが宣言したんですから、森がいおうが、小池が
いおうが東京五輪の延期、今年の開催中止の流れは
もう止められないでしょうね。

新型コロナ 五輪「2年延期現実的」 組織委・高橋理事が私見

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック
・パラリンピック組織委員会の高橋治之理事(75)が11日、
取材に応じ、「ウイルスは世界中にまん延している。選手が
来られなければ、五輪は成立しない。2年の延期が現実的だ」
と見解を明らかにした。一方、森喜朗会長は「計画変更は
全く考えていない」と打ち消した。





 | ホーム | 


FXで斬る