FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


あー、まずい。

今の安倍政権下のやな日本。

将棋と囲碁の楽しい話で救われるのに。o(;△;)o

将棋 第77期名人戦順位戦 藤井七段18連勝でストップ 師匠も敗れ同時昇級お預け C級1組

 大阪市福島区の関西将棋会館で5日あった第77期
名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)C級1組
10回戦で、最年少棋士の藤井聡太七段(16)は近藤
誠也五段(22)に136手で負け、デビュー以来の順位戦
の連勝記録は中原誠十六世名人(71)と並ぶ最多タイの
18でストップした。
藤井は8勝1敗(抜け番あり)となり、B級2組への自力
昇級もなくなった。師匠の杉本昌隆七段(50)も船江恒平
六段(31)に89手で敗れて8勝1敗に後退し、師弟そろって
のB級2組昇級の行方は3月5日の最終11回戦に持ち越された。


まあ、それでもウソいつわりの全くない勝負の世界。

安倍政権よりずーっとイイ。(^∇^)
スポンサーサイト
険しい道のりを師弟で一緒に登れたら
素晴らしいですね。

藤井七段、師弟同時昇級か 5日に順位戦C級1組10回戦


 第77期名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)
C級1組の10回戦が5日、東西の将棋会館で一斉に指さ
れる。9回戦まで藤井聡太七段(16)と師匠の杉本昌隆
七段(50)が8戦全勝(共に抜け番あり)でトップを走り、
2人とも勝って全勝を守れば、師弟そろってB級2組への
昇級が決まる。同一クラスでの師弟同時昇級は1986年
度の第45期順位戦B級2組で、B級1組への昇級を果た
した故大内延介(のぶゆき)九段と弟子の塚田泰明
九段(54)=当時六段=以来32期ぶり2回目の快挙。
なお藤井はデビュー以来2期連続昇級となる。


何しろ名人になるにはたった10人いる、A級で優勝し、
名人と7番勝負で勝たなければいけません。

そもそもA級になるのが至難の業。

C級2組49人から3人昇級して39人いるC級1組に。

それで、上位二人が24日いるB級2組。ついてで上位
二人が13人いるB級1組になり、その上位二人が
ようやく10人いるA級への昇級を果たせます。

まだまだ道は長いですが、また一歩昇級する
かも知れませんね。(^∇^)
なにしろ可愛いので2日連続。(^∇^)

囲碁 仲邑さん、韓国で対局 女流トップ棋士に敗退


囲碁の史上最年少棋士として、今年4月にデビューする
大阪市の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が
23日、韓国・ソウルの韓国棋院で、世界トップ級の韓国の
女流棋士、崔精(チェジョン)九段(22)とハンディをつけて
対局し、崔九段が180手で中押し勝ちした。
仲邑さんは「テレビが多く、とても緊張した。崔精九段は
強かった。プロ棋士として戦うことになったら、頑張りたい」
と話した。


いくらプロになると言っても、9歳の女の子だから、仲邑さん
ではなく、菫ちゃんと私は呼ぶことにします。

で、将来世界レベルの棋士になりたいと言っているので、
今回緊張してしまったというのはいい経験になりますね。

楽しさを忘れず頑張ってもらいたい。
囲碁界もメディアも大いなる期待を
抱いているんでしょうね。

でも、そんなことに関係なく勝ちたい、
囲碁界の福原愛ちゃんみたいに、
とっても可愛い。

囲碁 修業の地韓国できょう記念対局 仲邑さん

今年4月に史上最年少の10歳0カ月で囲碁の
プロ棋士としてデビューする大阪市の小学4年生、
仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が22日、韓国・
ソウルの韓国棋院で記者会見し、韓国での修業
について「大会で優勝したときはうれしくて、対局
に負けたときは苦しかった」と振り返った。
菫さんは23日午後、韓国の世界トップ級の女流
棋士、崔精九段(22)との記念対局を行う。


相手はあまりに強いので、勝てる確率1割以下の
感じですが、負けてもどんな反応しめすか楽しみ。(^∇^)
今日は単にご紹介だけという感じです。

将棋界で新旧のホープに関連した二つの
「100」の話題。

将棋 藤井、100勝 最年少16歳、最速2年2カ月


 将棋界の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が
12日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第27期
銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)の本戦トーナメント
で阿部健治郎七段(29)に勝ち、公式戦通算100勝
(18敗)を達成した。


羽生「タイトル100期」持ち越しに 竜王戦第6局敗れる

 将棋の第31期竜王戦七番勝負第6局は12、13の両日、
鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が
羽生善治竜王(48)に81手で勝ち、3勝3敗として最終局
決戦へ持ち込んだ。第7局は20、21の両日、山口県下関市で
行われる。羽生が2期連続通算8期の獲得で前人未到の
タイトル獲得通算100期を達成するのか、広瀬が初めて
竜王を獲得して羽生が無冠になるのか、最終局に注目が集まる。


藤井七段の今回の記録はそれまでの羽生の17歳6か月
を更新したものです。

藤井七段。まだ16歳というのに今回の100勝について

「100勝目はあまり意識しても仕方がないので、
普段通り指せればいいと思っていた。プロ棋士に
とってタイトルは目指していかなくてはならないもの。
まだまだなので、一日一日頑張り、しっかり実力を
つけたい」


素晴らしいですね。(^∇^)

 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る