FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


お正月らしさと言えば、以前の日本ではどこの
家庭でもかるた遊びをやっていたように思います。

私も、小さいときは「ぼうずめくり」をして、本当に
坊主の札が嫌でした。o(^-^)o

大人が多いときは正式にかるた取りをやりましたが、
子どもはとれないので、自分の札を決めて抱え込んで
それだけはとるようにしていましたけど。

中学以降になったら古文を習った関係で百人一首を
覚えるようになりましね。

私の場合は藤原実方朝臣の「かくとだに」が気に入って
射ましたけどo(^-^)o

まあ理由は想像におまかせ。

というわけで、こんな記事をご紹介。

9時間に及ぶ熱戦 競技かるた日本一決定戦 「ちはやふる」作者の末次さんも観戦

 大津市の近江神宮近江勧学館で11日開かれた、小倉百人
一首の競技かるた日本一を決める「第66期名人位、第64期
クイーン位決定戦」(全日本かるた協会主催)。競技かるた
界最高峰レベルの選手による試合が繰り広げられ、お互いの
意地と誇りをかけた一進一退の攻防は、約9時間に及んだ。
競技かるたを題材にした人気漫画「ちはやふる」の作者、
末次由紀さんも取材で訪れるなど、観戦したファンらは固唾
(かたず)をのんで見守った。
ー中略ー
 名人位決定戦は、19年に名人に就任した塾経営、粂原
(くめはら)圭太郎八段(28)=京都市左京区=が、59~61期
名人を務めた会社員、岸田諭八段(32)=同市南区=に
1、2回戦と僅差で連敗する苦しい展開。後がなくなった3回戦
を2枚差で勝利すると、徐々に調子を上げ、最終戦は13枚差
と圧勝し、初の防衛に成功した。
 一方、クイーン位戦は、2期連続でクイーンを務める自由業、
山下恵令(えれ)六段(34)=東京都=が1、2回戦と連勝。
そこから、地元・大津市の競技かるた愛好会「大津あきのた会」
所属で契約社員、本多恭子(きょうこ)六段(28)=兵庫県尼崎市
=が巻き返し、4年ぶり3回目の挑戦で初のクイーンに輝いた。
地元・滋賀県勢がクイーンになるのは初という快挙も果たした。




スポンサーサイト



師匠が先に順位が上がってかえって
いいんではと思いますけど。

藤井七段のお話。

師弟同時ならず 藤井七段勝ったが昇級なし 順位戦C級1組最終局


 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)は5日、
大阪市福島区の関西将棋会館であった第77期
名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催
)C級1組最終11回戦で都成竜馬五段(29)に
126手で勝って9勝1敗とした。
しかし藤井より順位が上の棋士も9勝1敗に星を
伸ばしたため、規定により藤井のB級2組昇級は
ならなかった。
藤井の師匠、杉本昌隆八段(50)は昇級が決
まったが、注目された師弟同時昇級は果たせなかった。


杉本八段は「自分だけ上がってしまって師匠と
しては複雑な思いがある。」と言ったそうですが
藤井七段は全勝していないんですから、当然の
ことと思います。

藤井七段はこれをいい経験として、今後のスピード
出世を実現してもらいたいですね。(^∇^)





あー、まずい。

今の安倍政権下のやな日本。

将棋と囲碁の楽しい話で救われるのに。o(;△;)o

将棋 第77期名人戦順位戦 藤井七段18連勝でストップ 師匠も敗れ同時昇級お預け C級1組

 大阪市福島区の関西将棋会館で5日あった第77期
名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)C級1組
10回戦で、最年少棋士の藤井聡太七段(16)は近藤
誠也五段(22)に136手で負け、デビュー以来の順位戦
の連勝記録は中原誠十六世名人(71)と並ぶ最多タイの
18でストップした。
藤井は8勝1敗(抜け番あり)となり、B級2組への自力
昇級もなくなった。師匠の杉本昌隆七段(50)も船江恒平
六段(31)に89手で敗れて8勝1敗に後退し、師弟そろって
のB級2組昇級の行方は3月5日の最終11回戦に持ち越された。


まあ、それでもウソいつわりの全くない勝負の世界。

安倍政権よりずーっとイイ。(^∇^)
険しい道のりを師弟で一緒に登れたら
素晴らしいですね。

藤井七段、師弟同時昇級か 5日に順位戦C級1組10回戦


 第77期名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)
C級1組の10回戦が5日、東西の将棋会館で一斉に指さ
れる。9回戦まで藤井聡太七段(16)と師匠の杉本昌隆
七段(50)が8戦全勝(共に抜け番あり)でトップを走り、
2人とも勝って全勝を守れば、師弟そろってB級2組への
昇級が決まる。同一クラスでの師弟同時昇級は1986年
度の第45期順位戦B級2組で、B級1組への昇級を果た
した故大内延介(のぶゆき)九段と弟子の塚田泰明
九段(54)=当時六段=以来32期ぶり2回目の快挙。
なお藤井はデビュー以来2期連続昇級となる。


何しろ名人になるにはたった10人いる、A級で優勝し、
名人と7番勝負で勝たなければいけません。

そもそもA級になるのが至難の業。

C級2組49人から3人昇級して39人いるC級1組に。

それで、上位二人が24日いるB級2組。ついてで上位
二人が13人いるB級1組になり、その上位二人が
ようやく10人いるA級への昇級を果たせます。

まだまだ道は長いですが、また一歩昇級する
かも知れませんね。(^∇^)
なにしろ可愛いので2日連続。(^∇^)

囲碁 仲邑さん、韓国で対局 女流トップ棋士に敗退


囲碁の史上最年少棋士として、今年4月にデビューする
大阪市の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が
23日、韓国・ソウルの韓国棋院で、世界トップ級の韓国の
女流棋士、崔精(チェジョン)九段(22)とハンディをつけて
対局し、崔九段が180手で中押し勝ちした。
仲邑さんは「テレビが多く、とても緊張した。崔精九段は
強かった。プロ棋士として戦うことになったら、頑張りたい」
と話した。


いくらプロになると言っても、9歳の女の子だから、仲邑さん
ではなく、菫ちゃんと私は呼ぶことにします。

で、将来世界レベルの棋士になりたいと言っているので、
今回緊張してしまったというのはいい経験になりますね。

楽しさを忘れず頑張ってもらいたい。

 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る