FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


将棋ではなくて囲碁のおはなし。

最年少プロ入り記録を持つ中村菫さんが
またまた記録を作りました。

将棋の藤井、囲碁の中村って感じで
世の中に明るさをもたらしてくれると
いいですね。o(^-^)o

囲碁の仲邑菫初段が二段に 小学生で52年ぶり 最年少記録更新

 囲碁の小学生棋士、仲邑菫初段(12)は15日、
東京・市ケ谷の日本棋院で打たれた阿含・桐山杯
第28期全日本早碁オープン戦(日本棋院主催、
毎日新聞社など後援、阿含宗特別協賛)予選Bで、
松原大成六段(48)に221手で黒番中押し勝ちし、
昇段条件の30勝目(女流棋戦を除く)を挙げ、
二段昇段を決めた。12歳0カ月での二段昇段で、
二十五世本因坊治勲(64)の12歳3カ月を更新
する最年少記録。小学生二段は1968年10月の
治勲以来52年ぶり2人目となる。






スポンサーサイト



藤井聡太二冠が名人が見えるところまで
来ました。

ちょっと気が早いといわれるかも知れません
けれど。o(^-^)o

いよいよ来年は名人への挑戦権を手に
入れられるA級昇格可能性大。

来年A級で優勝すれば再来年には名人と
7番勝負ですね。

将棋の藤井聡太二冠、10戦全勝で昇級 順位戦21連勝

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が10日、
大阪市福島区の関西将棋会館で指された第79期
名人戦・B級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社
主催)最終11回戦で中村太地(たいち)七段(32)に
127手で勝った。10戦全勝とし、10回戦ですでに決め
ていたB級1組への昇級に花を添えた。藤井二冠の
順位戦の通算成績は39勝1敗で、21連勝中。他棋戦
も含む公式戦の連勝記録は16に伸ばした。





昭和10年から始まった、年2回選定される
芥川賞と直木賞。

今年も早々決まりました。

芥川賞に21歳宇佐見りんさん、直木賞は西條奈加さん

 第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の
選考会が20日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、
芥川賞は宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(文芸
秋季号)、直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋
(うらさび)し川」(集英社)に決まった。副賞は各
100万円。贈呈式は2月中旬、東京都内で開かれる。


私が読む本はほとんど海外作品で、葛西善蔵から
始まる私小説、心境小説みたいな純文学はあまり
読みません。

まあ、大衆小説大賞の直木賞は本当はもっと
読んでもいいんでしょうが。

それにしても、年2回は多すぎる気がします、
もう、いまはやりのクイズ番組のためにある
かのようですね。

こちらを参考にどうぞ。

直木賞・芥川賞受賞作一覧
https://prizesworld.com/naoki/wins/







無敵に近い藤井聡太二冠も天敵がいるんです。

豊島竜王との対戦では公式戦6戦全敗ですから
「ラスボス」とも呼ばれるほど。

ついにゲームクリアですかね。o(^-^)o

将棋・朝日杯 藤井7戦目で豊島に初勝利

 将棋の高校生タイトルホルダー、藤井聡太王位(18)は
17日、名古屋市で指された第14回朝日杯将棋オープン
戦(朝日新聞社主催)の本戦トーナメント2回戦で豊島将之
竜王(30)に94手で勝利し、準決勝進出を決めた。
対豊島戦は初対局から7戦目での初勝利となった。
準決勝と決勝は2月11日に東京都内で行われる予定で、
2年ぶり3回目の優勝を目指す藤井は準決勝で渡辺明
名人(36)と対戦する。





初の快挙。

囲碁・藤沢女流三冠が若鯉戦V 男女競合公式戦で女性初

 囲碁の第15回広島アルミ杯若鯉戦の決勝が22日、
広島市で打たれ、藤沢里菜女流三冠(22)が孫喆
(そんまこと)七段(24)を破って初優勝した。男女
競合の公式戦で女性棋士が優勝するのは史上初。
 若鯉戦は、30歳以下で七段以下の棋士が参加する
1手30秒の早碁の若手棋戦。予選を勝ち抜いた16人
による本戦トーナメントが21日から開かれていた。
ー中略ー
 年齢を問わない男女競合棋戦の女性の過去
最高位は、昨年の竜星戦で上野愛咲美(あさみ
)女流本因坊(19)が遂げた準優勝がある。若手
棋戦では、まだ非公式戦だった2006年の第1回
若鯉戦で謝依旻(しぇいいみん)六段(31)が優勝
しているが、公式戦の優勝はなかった。


当然ですが、頭のレベルで女性と男性では差が
あるわけがないんですから、当然女性が勝つ
ことがあってもいいんですが。

ただ、体力勝負というと、女性で囲碁をやる方は
アスリート系ではないですから、長時間の勝負では
女性不利。

今回は短期戦であることも幸いしたのでしょう。o(^-^)o







 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る