fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


高齢者の誤嚥はまだ本人の不注意という
こともあるが、幼児の場合は周囲が問題。

また、対処法を知っていればもしかして命が
助かったかも知れません。

「丸くてツルッ」に要注意 子どもの誤えん、窒息時は応急措置を

 26日午後0時40分ごろ、福岡県みやま市の市立
小学校の関係者から「生徒が給食中に(のどを)詰ま
らせて息ができない」と119番があった。みやま市
消防本部や市教育委員会によると、小学1年の男子
児童(7)がドクターヘリで県内の病院に運ばれたが、
死亡が確認された。
ー中略ー
 学会によると、丸くてツルッとしたものは、うまくかめない
上に口の中で滑りやすく、ふとしたときに丸のみにして
しまうことがある。さらに丸い形状は、のどにはまり込んで
気道を塞ぎやすく、窒息につながる危険がある。例として、
ブドウ▽ミニトマト▽サクランボ▽ピーナツ▽球形の
個装チーズ▽ウズラの卵▽ソーセージ▽こんにゃく
▽白玉団子▽あめ▽ラムネ――を挙げる。
ー中略ー
 1歳未満の乳児では、子どもの背中の肩甲骨の間あたり
を手のひらで5、6回、強くたたき、吐き出させる(背部叩打
<こうだ>法)。1歳以上は子どもの背中側から両手を回し、
みぞおち前で両手を組み、勢いよく両手を絞って押して
吐き出させる(ハイムリッヒ法)。詳しくは同学会のホーム
ページ(https://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/i
ndex.php?content_id=123)で紹介されている。






スポンサーサイト



羽田の事故について国交省が緊急対策を
出しました。

まあ、基本的に人間にたよる姿勢は変わり
ません。

TV報道で知ったのですが、関係者はそもそも
管制官の目視を最重視し、事故防止システム
などを活用しようという姿勢が内容に感じました。

機械優先である必要はないですが、サポート
させるという考えが欠如してい限り、事故は
無くならないでしょうね。

羽田衝突事故、国交省が再発防止策を公表 外部検討委近く設置へ

 東京・羽田空港で日本航空(JAL)と海上保安庁の
航空機が衝突した事故で、国土交通省は9日、再発
防止のための緊急対策を発表した。滑走路への誤
進入防止のため、管制塔のモニター画面に注意表示
を出すシステムがある全7空港で、画面を常時監視
する担当者を配置する。また、事故防止を議論する
外部有識者を加えた検討委員会を近く設置する。
 対策の柱は①管制や航空会社などへの基本動作
の徹底の指示②管制官による監視体制の強化
③パイロットによる外部監視の徹底・視覚支援
④滑走路進入に関するルールの徹底⑤関係者間
のコミュニケーションの強化――。検討委員会は、
原因究明にあたる運輸安全委員会が事故調査の
報告書を出す前に、パイロットと管制官に対する
注意喚起の仕組みの強化や、パイロットと管制官
の交信の見直しの必要性などについて議論する。


「必ず起きる」人的ミス 人間と装置でどう防ぐ? 羽田衝突事故

 羽田空港で2日に日本航空(JAL)と海上保安庁の
航空機が衝突した事故は、複数の人的ミスが影響
した可能性が高まっている。人間の勘違いや思い込み
などの「ヒューマンエラー」があっても事故を回避する
仕組みはなかったのか。日本の玄関口で起こった
惨事は、安全確保のための人間と装置との最適な
関係がどうあるべきか、難しい課題を突きつけている。
ー中略ー
 一方、羽田には誤進入を防ぐ「ストップバーライト
(停止線灯)」が停止位置にある。離陸許可までは
赤色の停止線灯が点灯し、進入許可が出たら管制官
が消す仕組みだ。事故時は2023年4月からの装置の
更新工事で運用停止中だった。ただ、元々視程600
メートル以下、または管制官が必要と判断した時に
使っていた。当時は視程5000メートル以上で、国土
交通省は「運用中でも使用条件に当てはまらなかった」
とする。だが、同省航空局元安全部長の高野滋さん
は「視界の良しあしにかかわらず、日没後は常に使用
した方が良い」と話す。








2日の羽田の航空機事故。

海上保安庁の機長が滑走路侵入の
許可を受けたとの報道。

たとえどうであれ、着陸しようとする
航空機と離陸する航空機が同じ
滑走路上で衝突したとすれば、明らかに
離陸しようとする方が不注意である
ことは明らかでしょう。

映像を見れば、日航機が追突したので
なく、出会いがしらの衝突のようですから。

滑走路に入る前に何故問題ないか
どうかを確認しなかったのかです。

日航機は「正常に着陸」 海保機機長の脱出状況判明 国交省会見

 羽田空港(東京都大田区)のC滑走路上で、新千歳発
羽田行きの日本航空(JAL)516便が、海上保安庁の
航空機と接触した事故で、国土交通省と海上保安庁は
2日午後9時過ぎに記者会見を開いた。
 516便と海保機の接触の状況について、同省は
「(海保機は)C―5誘導路から滑走路に入ってきた」と
説明。516便については「正常に着陸していた」と述べた。
 また、海保機の機長の脱出状況については「(機長
から)機体が爆発した。自分は脱出した。その他の
乗員は不明との通報があった」と話した。



この事故の話を聞いた最初から、船頭の
経験不足ということでしかないなと。

400年もの長い歴史があるというのに、
操舵のスキルが下手というしかありません。

会社としてのスキル向上の努力がなされて
いないだけでしょう。

保津川転覆、乗客最大400メートル流されたか 不明の船頭捜索続く

 京都府亀岡市の保津川(桂川)で28日、川下りの
舟が転覆し、川に投げ出された男性船頭が死亡、
別の船頭1人の行方が分からなくなっている事故で、
府警と地元消防は29日も捜索を続けた。投げ出され
た乗客らは最大で約400メートル下流まで流された
といい、運輸安全委員会は船舶事故調査官2人を
現地に派遣し、事故原因を調べている。
ー中略ー
 船頭らに聞き取りを行った組合の説明によると、
前方に3人、船尾に1人配置していた船頭のうち、
船尾の船頭が棒状のかじで水を捉えられず空振り
する「空舵(からかじ)」と呼ばれるミスでバランス
を崩し、川に転落。方向操作を保つため、別の
船頭がかじを取りに行ったが間に合わず、正面から
岩に衝突し転覆したという。死亡した田中三郎さん
(51)は船首でさおを握っていた。行方が分からない
のは、かじを取りに行った男性船頭(40代)だという。






痛ましい事故です。

けれども、ニュースを知った瞬間に、運営側の
問題が大きいと思いました。

11歳の子に大人用のゴーカートを運転させ、
見物客の場所は障害物もないんなんて。

イベントは函館地区のトヨタ販売店4社(函館トヨタ
自動車株式会社、函館トヨペット株式会社、トヨタ
カローラ函館株式会社、ネッツトヨタ函館株式会社)が
合同で主催したとのこと。

相当問題なんでは。

ゴーカート事故、重体の2歳死亡

 北海道森町赤井川の宿泊施設「グリーンピア大沼」
の敷地内で、イベント中にゴーカートが子どもらに突っ
込んだ事故で、道警森署は19日、意識不明の重体
だった函館市赤川1丁目の吉田成那ちゃん(2)が死亡
したと発表した。署などによると、事故は18日、地元の
トヨタ自動車系ディーラーが子ども向けに開いたゴーカート
の体験イベントで発生した。小学生の女児(11)が運転
するゴーカートが、コースのコーナーを曲がらず、時速
40キロほどで直進。見学していた1~4歳の子ども
4人と大人1人に突っ込み、成那ちゃんは頭部から
出血した。署が事故原因を調べている。









 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る