FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


兵器はどんどん進歩します。

盾と矛の話はありますが、攻撃兵器に対して
それを抑止することの方が数段難しいのは
常識。

迎撃不能「グアムキラー」も 中国軍、最新鋭兵器を披露


 中国建国70周年を祝って1日北京で行われた軍事パレードには、
中国軍が持つ最新鋭のミサイルや戦闘機が登場した。それらが
意味するものは何か。
ー中略ー
 極超音速兵器を搭載する中距離弾道ミサイル「DF(東風)17」は
音速の5倍以上で低空を飛行する。実戦配備されれば世界初となる。
これまで存在が知られていなかった極超音速巡航ミサイル「DF100」
も公開された。
 対立を深める米国への意思表示として特に注目を集めたのが、初
公開の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「DF41」だ。最大射程1万
2千キロ以上と推定され、米首都ワシントンに届く。小野田治・元航空
自衛隊航空教育集団司令官によると、命中精度が高く、別々に誘導
できる約10個の弾頭を積めるのが特徴だ。
 米領グアムを射程にとらえ、「グアム・キラー」と呼ばれる最新鋭の
中距離弾道ミサイル「DF26」も登場した。


これらの新兵器は「いずれの新型ミサイルも米国や日本の防衛
システムでは迎撃することは難しい。米軍の空母や基地を攻撃する
能力が急速に高まっている」そうです。

日本は軍拡競争に走りそうですが、違った方向を目指さないと
国が疲弊しきってしまうでしょうね。






スポンサーサイト



今日土曜、明日日曜は夜9時までお祭りです。

例年ボランティア関係者で鯨の竜田揚げや
アルコールを販売。

でも、明日の午後から夜まで降り始め、9時
近辺はかなりの雨のよう。

毎年、どちらかが雨で困ってしまいます。

ところで、韓国のエライ人の奥さんが電撃起訴。

日本とは違いますね。

韓国法相候補の妻 時効間近で電撃起訴


 聯合ニュースによると、韓国検察当局は6日深夜、
次期法相候補に指名された曺国(チョ・グク)青瓦台
(大統領府)前民情首席秘書官の妻を私文書偽造の
罪で起訴したと報じた。
取り調べもなく電撃的に起訴するのは極めて異例。
曺氏を通じて検察改革を推進する青瓦台と抵抗する
検察当局との対立が表面化したとの見方も出ている。


日本の大阪特捜部なんて明らかな公文書偽造を
内容的に問題は無いなんて判断するような具合。

日本の検察はもう封建制度時代のような忖度だらけ?





まあ、ほとんどの人がそう思っていますが、
トランプは大統領の器ではないということ。

今度は天気まで勝手に予報を始めたようです。

トランプ氏にハリケーン進路「書き足し疑惑」、批判回避狙うも逆効果


1日、自身のツイッターでハリケーン「ドリアン」がアラバマ州にも
影響すると、誤った情報を発信して批判を浴びたトランプ米大統領。
4日の会見で軌道修正を図ろうと、8月29日時点の予想図を示し
たのだが、明らかに手書きでアラバマ州の上に予報円が書き加え
られており、批判が収まるどころか逆に強まってしまった。
ー中略ー
 また米NBCのお天気キャスター、アル・ローカー氏は、誤った
天気予報を伝えた場合、罰金か90日以下の禁錮刑、または
その両方が科される可能性があるという米国の法律を紹介した。


世界を意のままに操れると思い込んでいるトランプ大統領は
ついには天気予報までできると過信したんでしょうね。

そうでないと理由がわからない。







今のところは人工衛星やICBMなどの監視、破壊
ぐらいでしょうが。

トランプの野望はイスカンダル人の応援を受け、
波動エンジンの開発とそれによる宇宙進出か?

ま、日本のアニメを見ていないだろうからそれは
ないですね。(^∇^)

米「宇宙軍」が発足 トランプ大統領「新たな章」

 米軍で戦略軍やサイバー軍などに続く11番目の
統合軍となる「宇宙軍」が29日、発足した。トランプ
大統領はホワイトハウスで開いた発足式典で「宇宙
軍は次代の戦闘領域である宇宙で米国の死活的な
国益を守る。米軍の新たな章を開くことになる」と述べた。









香港の状況はかなり危険な感じがします。

1997年のイギリスから中国に返還される際に
50年間は資本主義制度を維持する一国二制度が
採用されましたが、その当時の香港は中国の経済
に対して2割ほどもあったことが大きかったと思います。

しかし、現在、中国は驚異的発展を遂げ、香港はわずか
3%ほどになり、中国にとって香港の自由を保障すること
の必要性は極めてすくなくなっています。

今の、香港の住民の中には香港独立を目指している
人たちもいるかと思いますがやや暗いかなと。

今の運動の盛り上がりは燃え尽きる前の最後の輝き
かも知れません。

香港デモ 170万人、無許可で行進 11週連続

 香港で「逃亡犯条例」改正案の完全撤回や警察による
暴力の停止などを求める大規模な抗議集会が18日、
再びあった。
警察当局はデモ行進の許可を出さなかったが、中心部に
あるビクトリア公園で始まった集会は公園内では収まらず、
あふれ出した多くの市民が周辺の幹線道路に流れ込む
形でデモ行進がスタートした。
主催団体は約170万人が集まったと発表。6月上旬の
本格化以降100万人を超えるのは3回目で、11週目と
なるデモの勢いは衰えていない。


共産党支配下の武装警察は警告的な意味であると
思いたいですけれど。



 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る