fc2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


株式市場はプロがメインと言っても、
腰を据えて取引するような大口投資家は
ほとんどなく、気持ちは素人と変わりは
ありません。

ということであれば、昨年の大納会に
引き続いて大発会での強気の売買は
まあコロナは納まるだろうという安心感が
あるんでしょうね。

東証で大発会、上げ幅一時400円超す 前日の米株高の流れ受け

 東京証券取引所は4日、年明け最初の取引と
なる大発会を迎え、日経平均株価は昨年12月
30日の終値より300円超高い2万9098円41銭で
取引が始まった。前日の米株高の流れを受けて
幅広い銘柄に買いが集まり、上げ幅は一時400円
を超えた。午前の終値は2万9188円16銭だった。
東証1部全体の値動きを示すTOPIXは同25・37
ポイント高い2017・70。





スポンサーサイト



今、北京オリンピックに関して中国の人権
侵害の姿勢に抗議する動きが強まって
います。

米国は経済面でもはっきりとした姿勢。

米、対中国でアジア通商新戦略 TPPより有志国

 バイデン米政権のアジア太平洋地域の通商
戦略が明らかになってきた。環太平洋パートナー
シップ協定(TPP)への復帰を含めた自由貿易
協定には消極的な姿勢を続けるなか、バイデン
大統領が打ち出したのが、対中国を意識した
「インド太平洋経済枠組み」という構想だ。


ところが、米国の思惑とはことなり、太平洋沿岸の
国々は別のようです。

11月初めに、中国と手を結ぶかのような動き。

日本は米国の了解を得ているんでしょうか。

はたまた、TPPと同じく、経済以外の面での
不利益の可能性があるんでしょうか?

世界の3割、最大経済圏RCEP、22年1月発効 日中韓初のEPA

日本政府は3日、日本や中国、韓国、東南アジア
諸国連合(ASEAN)など計15カ国が加盟する
地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が、
来年1月1日に発効すると発表した。協定は
関税削減や統一ルールにより自由貿易を推進する
枠組みで、輸出企業に追い風となる。日本にとって
は中韓との初めての経済連携協定(EPA)。加盟国
の国内総生産(GDP)と人口はそれぞれ合計で
世界の約3割を占め、最大級の経済圏が誕生する。
 オーストラリア政府も2日、同国とニュージーランド
が批准手続きを終え、協定発効の条件を満たした
と発表した。ASEAN10カ国とそれ以外の5カ国の
それぞれ過半数が手続きを終えてから60日後に
発効する取り決めで、日本や中国など手続きが
完了した計10カ国で来年1月1日から協定の効力が
発生する。







今日の毎日新聞の二つの記事。

電子購読の朝日でもどの新聞でも同じなんですが。

一つはこのコロナ禍で多くの人が感じている不景気。

GDP、11年ぶり通年マイナス 10~12月は2期連続プラス

ー前略ー
 20年の実質成長率の速報値は4・8%減だった。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リーマン・
ショック後の09年(5・7%減)以来、11年ぶりに
通年でマイナス成長となった。


ところが、株価は三〇年ぶりの高値です。

いくら、株価は先行きの経済を見越しているといっても
異常かなと思います。

要は株価はお金持ちの気持ちを表しているんだと
いうことのほうが正しいのかと。

お金持ちはこのコロナ禍なんて新しいビジネスチャンスと
しか思っていませんからね。

東証、一時3万円突破 約30年半ぶり

 15日午前の東京株式市場で、日経平均株価は
前週末比400円超値上がりし、一時3万円を超えた。
日経平均が3万円を回復するのは、1990年8月
以来約30年半ぶり。








コロナ禍にあえぐ一般庶民には驚きの
ことでしょうね。

日経平均、一時2万9000円台 30年6カ月ぶり

 8日の東京株式市場で、日経平均株価が大きく
上昇し、一時2万9000円台に回復した。1990年
8月以来、30年6カ月ぶり。米国で追加経済対策の
早期成立への期待感が高まったほか、国内企業の
好決算も後押しした。
 日経平均の上げ幅は一時600円を超え、午前の
終値は、前週末より598円99銭高い2万9378円18銭。
東証株価指数(TOPIX)は一時1920台をつけ、
2018年1月の1911を超え、取引時間中として91年6月
以来の水準まで上昇した。


世界中同じことですが、パンデミックにしろ戦争や
大災害の後は経済回復を期待して株価は上昇する
そうです。

とはいえ、バブルどころではないのでやや心配。

しかし、結局お金が株式市場に流れ込んでいるわけで、
お金持ちはこんなコロナ禍でも、貧乏になるどころか、
よりお金持ちになるんですね。




現在は配当狙いだけで、売買をしていませんので、
個人的には影響はないんですが。

デイトレーダーや証券会社は困るでしょうね。

システム復旧はいつになるんでしょうか?

東証システム障害、取引は終日停止 復旧の見通し立たず

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は
1日、システム障害が発生したことから、取引開始時刻の
午前9時から全銘柄の売買を停止した。取引は終日停止
される。復旧の見通しは立っていない。
 東証のシステムを使っている札幌、名古屋、福岡の
3証券取引所でも売買を停止した。東証の約3700の全銘柄
の取引が停止するのは異例で、企業や投資家の経済活動
への広範な影響は必至だ。




 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る