FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


過去下から2番目の投票率だった参院選。

自らが選択を放棄したのを責めることはできないでしょう。

そもそも、そういう意識にしている、政治家、メディアが
問題なんですから。

しかしながら、投票に参加し、かつ現在の政権に批判的な
人間にとってやはりかなり不満が残ります。

何回か当ブログで言いましたが、今の日本にとって最大の
問題が安倍の存在であるということをはっきりと意識すれば、
なによりも完全な野党共闘をするはず。

政権与党が野合だどうかなんていわせておけばいいだけ。

どころか、野党党首が本気でない、危機感がない。

こうしたなかで、今回のすっきりした結果は、諸派の
二つがわかりやすい主張で議席を獲得したこと
でしょう。

NHKから国民を守る党、議席獲得が確実 立花氏が当確


 参院比例区で、NHKから国民を守る党代表で新顔の
立花孝志氏が当選確実。立花氏は元東京都葛飾区議。
6月にあった堺市長選に出馬し、落選していた。


比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん

 政治団体「れいわ新選組」からは、比例特定枠2人目で
出馬した重度身体障害者、木村英子さん(54)も当選確実
となった。22日午前1時、電動車いすで支援者の前に現れ
た木村さんは「厳しい現状にある障害者の人の一票一票
が私の心にすごく突き刺さっている。頑張らなければという
思いです」と決意を語った。


野党も、「安倍政権を倒す」をスローガンにすればよかったのに。




スポンサーサイト
今日は参院選の投票日。

メディアが意図的に参院選の報道をしていない
ことも原因でしょうが、どうやら投票率は前回より
下回るかも知れません。

参院選 投票率は午前10時現在で5.65%

 総務省によると、第25回参院選の投票率(選挙区)は21日
午前10時現在、5.65%で、前回2016年参院選の同時刻比で
2.27ポイント下回っている。前回の最終投票率は54.70%だった。


ネットでの特定政党、候補への応援はできないという
ことで、投票行動について、わたしとはちょっと考えが
違いますが、政治について何かしらの考えを持つ有権者
に対しての松尾氏の意見をご紹介。

松尾貴史のちょっと違和感 いい候補者いなくても 「悪い方ではない」方に


 21日は参院議員選挙の投票日だ。まだ投票に行っていない
皆さんは、「いい候補者」「いい政党」がなくとも、「悪い方では
ない候補者」「悪い方ではない政党」に、それぞれ1票を投じて
いただきたい。


私とのちょっとした意見の違いは2つ。

まず、政治が社会を変えるというか社会のよしあしを
決めているという考えすら無いような有権者は投票所に
足を運ばないほうがいいということです。

2番目は大きな目的を達するためなら「悪い方ではない」
どころか「最悪でなければ」でもかまわないということ。

さあ、今晩わかる結果はどうなるでしょうか。








さあ、参院選、TVではほとんど取り上げられぬまま
投票日が明日となりました。

参院選 あす投開票

 第25回参院選は21日、投票が行われ、即日開票される。
自民、公明両党は序盤から堅調で、改選議席(124議席)の
過半数63を超える勢いだが、自民、公明両党に憲法改正
に前向きな日本維新の会などを加えた「改憲勢力」が、改憲
発議の条件である参院定数の「3分の2」(164議席)の維持
に必要な85議席を確保するのは厳しい情勢だ。


参院選の争点は自民党と野党とは全くかみあっていません。

安倍首相はなんとしても改憲、野党は生活不安改善など。

私の気持ちはそうした選挙の争点などよりも、日本をどんどん
大日本帝国憲法下の暗い社会に持っていこうとしている
安倍首相を政権から退けるか否かが最重要。

安倍がいるかぎり、どんな政策論争をしようとしてもまともな
議論などできませんから。( ̄へ  ̄ 凸


メディアの予測が外れることを祈るばかりです。







思うに、口がすべったというよりも、昭恵夫人に
頭が上がらない状況で、昔の恋人を思い出した
ためではないでしょうか?

安倍首相「お父さん、恋人も誘って」 期日前促す演説で

 安倍晋三首相は16日、新潟県内での街頭演説で、
「お父さんどうか、恋人も誘って」という言い回しで、
集まった支持者らに期日前投票を呼びかけた。
ー中略ー
首相は参院選が公示された4日以降、各地で行う街頭
演説の最後に期日前投票に行くよう訴えている。「昔の
恋人を探し出して(期日前投票に)連れていって欲しい」
などの言い回しが定番で、口が滑った可能性もある。
ただ、上越市内の演説ではその後、「お母さんは昔の
恋人を探し出して」と続けている。


それにしても、選挙での勝利を確信して気楽に軽口たたく
感じだとしても普通言わないでしょう。

やはり、自分のところが家庭内不和であることからこの
ような言い回しになったとしか思えない。





いやはや、ついにはここまで来たかと。

安倍のこんな人たちには負けないの具体的
対応策でしょう。

ヤジの市民を道警が排除 安倍首相の街頭演説中

 15日に札幌市中央区であった安倍晋三首相の参院選の
街頭演説の際、演説中にヤジを飛ばした市民を北海道警の
警官が取り押さえ、演説現場から排除した。
道警警備部は取材に対して「トラブル防止と、公職選挙法の
『選挙の自由妨害』違反になるおそれがある事案について、
警察官が声かけした」と説明。だが現場では、警察官は声か
けすることなく市民を取り押さえていた。
ー中略ー
 松宮孝明・立命館大法科大学院教授(刑法)は「判例上、
演説妨害といえるのは、その場で暴れて注目を集めたり
、街宣車で大音響を立てたりする行為で、雑踏のなかの
誰かが肉声でヤジを飛ばす行為は含まれない」と話す。
むしろ連れ去った警察官の行為について「刑法の特別公務員
職権乱用罪にあたる可能性もある」と指摘。「警察の政治的
中立を疑われても仕方がない」と話した。


道警は現在、公職選挙法の『選挙の自由妨害』のおそれ
との発表を変更し調査中としています。

こんなことが行われはじめると、やがては太平洋戦争が
始まることとなった軍隊主導の昭和の暗黒政治の到来を
感じてしまいます。

早速国民民主党の玉木代表。

玉木代表「皆が怖くて声を上げられなくなる」 首相演説での聴衆排除

 国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、安倍晋三首相の
街頭演説中にヤジを飛ばした聴衆を北海道警が排除したこと
に関し「皆が怖くて声を上げられなくなる。萎縮効果がある」と
批判した。川崎市の街頭演説で述べた。


こうなると圧倒的な人数で「安倍ヤメロ」「安倍かえれ」と
叫ぶ必要がありますね。( ̄へ  ̄ 凸



 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る