プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク


GoogleAdSense


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


昨日は東京6区の落合貴之立憲民主党候補の
選挙応援に出かける前に期日前投票をいたしました。

毎回期日前投票をしていますが、今回は
投票所に言ってびっくり、明らかに投票する
人数が大幅に増えています、時間帯による
とは思いますが、感じとして2倍以上。

記事でもどうやら全国的なよう。

期日前投票52%増、最多ペース=公示翌日から5日間【17衆院選】

 総務省は16日、衆院選(22日投開票)の期日前
投票の中間状況(選挙区)を発表した。11日の公示
翌日から15日まで5日間の投票者数は410万7108人で、
前回2014年衆院選の同期間に比べ52.1%増となった。
全有権者数の3.9%に当たり、衆院選の期日前投票とし
ては過去最多のペースだ。


福井、新潟、島根、岐阜、茨城の5県では前回の2倍。
前回比でマイナスはなく、伸び率が最も低い広島県でも
22.1%増だったそうです。

東京6区の落合貴之議員の選挙応援で政策ビラを配って
いてももう期日前投票をしたよと声をかけてくれる支持者の
かたが何人もいました。

選管では制度が知れ渡り、また商店街など身近なところに
投票所が設置されたからではということですが。

有権者の意識が今回の選挙は重要であると感じたから
ではないかと。

新聞報道などを受けて安倍信任となるのはまずいという
ことで期日前をしてくれているといいんですが。
スポンサーサイト
衆院選挙戦真っ最中ですね。

当ブログでも何度かご紹介させていただいている
「松尾貴史のちょっと違和感 」。

今回もなかなかいいのでご紹介


松尾貴史のちょっと違和感
衆議院選挙が始まった 本当に「3極」の争いなのか


 衆議院選挙が始まったが、テレビでいまだに
「3極の争い」「三つどもえの戦い」と解説されて
いる。
この「3極」という言葉に、少々違和を感じる。
「極」の意味は一つではないかもしれないが、
「ごく」と読む場合を除いては、一方の端、という
意味だろう。
極が三つもあるというのはどういう状況だろうか。
北極と南極、極右と極左、積極と消極、イメージは
2方向への対立だろう。
3者が争うというけれど、「1等賞には乗用車を
プレゼント」というような場合には使っても、3人が
喧嘩(けんか)をすれば、往々にして2対1の関係
になりがちだ。
政権の場合は3者がある程度の力を持てば、
政権運営から考えて、それはそのうち2者が
組んで、結局2対1になるのではないだろうか。

ー中略ー

 日本を2大政党制にしたいという人たちは多いが、
それはなぜなのだろう。わかりやすさを求めている
のだろうか、それとも例えばそのスタイルが定着し
ているアメリカに対する憧れ、またはコンプレックス
からだろうか。
有権者にとってみれば、買い物をする場所や職場や
病院や金融機関など、選択肢が多いことの方がいい
ことだと私は思っているのだけれど、政党に限っては
(特に党議拘束が横行する政治では)少ない方が
いいということが理解できない。

―後略ー


2大政党政治への違和感、まことにごもっともです。
やはり小心者の安倍にとって加計森友問題は
不安で不安でしょうがないんでしょうね。

それに加えて知性、教養ゼロだからこんな問題
発言をしてしまいました。

安倍首相 「籠池氏は詐欺を働く人」 テレビ番組で 法曹関係者「司法の独立侵す」

 安倍晋三首相が11日夜のテレビ朝日系「報道
ステーション」の党首討論で、小学校建設にからむ
国の補助金を詐取したなどとして起訴された森友
学園前理事長、籠池泰典被告(64)について「詐欺
を働く人物」と述べた。
法曹関係者は「司法の独立を侵す問題発言だ」と
批判している。


まあ、司法の独立を侵すかどうか別として、裁判も
始まっていない人間に対して首相でありながら、
「詐欺」と決めつけるなんて非常識そのもの。

そんなことがわからないくらいに、籠池氏を貶めたい
という気持ちが強いんでしょう。

さらにまた、法曹関係者が言うように行政の長で
あれば当然三権分立を尊重して発言を慎重にしなけれ
ばならないんでしょうが、何しろ自分は一番偉い君主だと
日頃から錯覚しているために、以前の立法の府の長と
言い放つことと、今回の発言も同じことかも知れません。

安倍の5月16日「立法府の長」発言 平成19年5月11日、今年4月18日に続き三回目
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-3470.html


これで、行政、立法、司法の三権の長と思い込んで
いることが証明されました。(^∇^)

モンテスキューはこの状態を見れば日本は専制君主制国家
とみなすでしょうね。

ま、とにかく安倍は大馬鹿です。
今回の衆院選では久しぶりに、私の選挙区ではありませんが、
若いながらも筋の通った政治家であるということで、東京6区の
立憲民主党の落合貴之候補の街頭演説を応援しています。

彼は、企業団体献金に反対の立場から、選挙運動は全て
ボランティアで行い、企業からの派遣が一人もいません。

そういうためなんでしょうか、ボランティアの方々がとても
すがすがしいお顔をしていて、また有権者の方々に丁寧な
礼儀正しい対応をされています。

落合候補は地元の桶屋さんの息子で、地元小学校、中学校を
卒業して最後に慶応大学ということで、安倍をはじめとする、
いわゆる2世、3世議員ではありません。

彼の主張の一つが、国民の苦しい生活が判らない、安倍を
代表とする世襲議員が少なくなり、国民を本当に代表できる
係累のない議員が当選できるような国にすること。

なかなか、地盤看板がなければ難しいことですが、そのためには
国民が政治家に丸投げするのではなく、応援する政治家と一緒に
種々の活動をすること、すなわち一人一人が政治に関わる
ことでしょうね。

落合さんの動きを見ていてそれも可能なのかなと感じています。

ところで選挙序盤の情勢です。

衆院選 序盤調査 自公300超うかがう 希望、伸び悩み 立憲に勢い 投票先未定半数

 共同通信社は第48回衆院選について10、11の両日、
全国の有権者約11万8900人を対象に電話世論調査を
実施し、公示直後の序盤情勢を探った。自民党は小選挙
区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で
300議席超をうかがう。
希望の党は60議席前後で伸び悩んでいる。立憲民主党は
公示前から倍増の30議席台も視野。共産党は議席減、
日本維新の会は微増にとどまりそうだ。投票先未定は
小選挙区で54・4%に上り、22日の投開票に向けて情勢が
変わる可能性がある。


街頭にたっていて、選挙情勢はこんなものかなという
感じがします。

ただ、まだまだ自由民主党と立憲民主党の区別がついて
いない有権者や、安倍さん、小池さんが大嫌いな方々も
多く、選挙中盤以降に流れが変わることの可能性も大きい
かと思います。
いよいよ大義なき解散に基づいた衆院選が
公示されます。

衆院選公示 政権懸け3極対決 22日に投開票

 第48回衆院選は10日公示され、12日間の選挙戦が
始まった。5年近くにわたる安倍政治が問われ、有権者の
判断を受けた政権の枠組みが焦点となる。
憲法や消費税、原発政策を巡り論戦が交わされる。政権
継続を狙う自民、公明両党と「希望の党、日本維新の会」、
「共産、立憲民主、社民各党」の3極が対決する構図だ。
与野党8党などから計1100人超が立候補し、計465議席
(小選挙区289、比例代表176)を争う。22日に投票、
即日開票される。


消費税、原発などはある意味社会の状況などで
判断がことなる単なる政策レベルのもの。時間が
経ってまずいとなればその時点で修正することが
可能です。

しかしながら、憲法改正またそれと表裏一体の安保法制、
共謀罪は日本国、日本国民の姿勢が世界からみてどう
見えるかという大きな争点です。

今、9条がかなり大きく言われていますが、自民党の
狙いは9条改正のために憲法全体の位置づけを大きく
変えてしまおうとしています。それは小池さんも同じ、
だからこそ、彼女は9条だけでは無いと言っています。

2年前の当ブログで自民党の憲法草案の本質について
説明しています。

自民結党60年、改憲前面 「保守の矜持、胸に刻む」採択
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-3034.html


要は主権在民の思想から、国家優先、「お国のため」という
戦前への逆戻りを狙っているんです。

すべては自民党の憲法草案が大本なんです。

そこから、国民を大事にすれば戦争なんて起こしたくない、
世界中の人々と仲良くしたい、だからこそ日本国憲法は
平和主義を謳っていますが、当然、そんな平和はどうでも
いいい。

国家権力に刃向う国民は取りしまるために、秘密保護
法案、共謀罪も成立させたし、国家として国の力を誇示
できるように、集団的自衛権の名のもとに、米国を利用
して世界中のいたるところで自衛隊が戦えるように
したんです。

こんな重要なことと、消費税など同列扱えません。

となると、日本を根本から変えようとしている自民と
希望の党、平和な日本、国民を大切にする立憲民主党、
共産党、社民党野党連合の2極ということでしょう。

昨日、立憲民主党から出る東京6区落合貴之候補の
決起集会には保守本流リベラルだった田中秀征氏も
かけつけ、昔の自民党の重鎮であればだれも集団的
自衛権の名目でアメリカを守るために日本を遠く離れた
ところで戦うとか、日本国民を監視するようなことを
だれもしなかっただろうと解説。

今の自民党は平和な日本の現状を守る保守本流では
なく日本を破壊する極右政党です。

もうほとんど現在のヒトラーともいうべき安倍がまた
選挙に勝ってしまったらどうなるんでしょうか、恐ろしい
ことです。

 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る