FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


科学者のやることはスゴイ!!

地球から約5500万光年離れた楕円銀河「M87」の
中心にあるブラックホールの姿を捉えちゃんですから。

ブラックホールの撮影に成功 世界初 一般相対性理論を証明

 世界で初めてブラックホールの影を撮影することに
成功したと、日米欧などの国際研究チームが10日、
発表した。
ブラックホールの存在は約100年前にアインシュタイン
の一般相対性理論によって予測されたが、強大な
重力で光さえも外に出られないため、観測が難し
かった。
研究チームは高解像度の電波望遠鏡を利用して
ブラックホールのごく近傍のガスが発する電波を
精密に観測し、影絵のようにブラックホールを浮か
び上がらせた。


その写真がこれです。

ブラックホール画像


こちらもどうぞ

人類初の快挙! でも「ぼやっとしてる」と感じた人に、ブラックホールがよく分かる動画とイラスト
https://www.businessinsider.jp/post-188927






スポンサーサイト
子供の頃「すけそうだら」と覚えたので、
「スケトウダラ」と言われるとどうも落ち着かない。

ただ、標準の和名はスケトウダラなので新聞
などではこれを使います。

一方市場などは「すけそうだら」や「すけそう」と
使われるのでまあ、日本人としてはどちらでも
よいようですね。

ということで記事の見出しが気になったのでご紹介。

スケトウダラから医療用接着剤 かまぼこ加工の廃棄物を活用 物材機構など開発


かまぼこの原料などに使われるスケトウダラ由来の
ゼラチンをもとにして、肺の切除手術後の空気漏れ
を防ぐ接着剤を開発したと、物質・材料研究機構と
筑波大の研究チームが発表した。
このゼラチンが低温でも液状である特性を生かした
もので、かまぼこの製造過程などで出る廃棄物を
原料にでき、他の臓器への応用も期待できるという。


そもそもガンなどで肺切除した際に接着剤が
使われているなんて考えもしませんでしたが、
肺ですから当然ですよね。

その接着剤、ヒトの血液から作ったものか、ブタ
由来のゼラチン。

ヒト由来のものは臓器にひっつきにくく、肺が
膨らむとはがれやすく、ブタ由来のものは塗る
ためには温めないといけない面倒くささが
あるようです。

ということで、今回の開発となったようです。

ところで、開発元の説明は

呼吸しても空気が漏れない肺手術用接着剤を開発
https://www.nims.go.jp/news/press/2019/02/201902140.html


NIMSと筑波大学の研究グループは、肺がん等の肺切除
術後、肺表面の欠損を閉鎖する接着剤において、従来
材料の約2倍の追従性と約1.4倍の耐圧強度を有する
新たな接着剤を開発しました。
スケソウダラ由来のゼラチンを化学修飾することで、呼吸し
ても空気を漏らさない接着剤として機能することを、大型
動物であるブタの摘出肺で実証しました。現在主流である
血液由来の接着剤に代わる接着剤として前臨床試験で
の成果が期待されます。


なんと「すけそうだら」ですよ。(^∇^)
薬の進歩で必ず死ぬということにはならなくなり、
あまり話題にはならなくなってきたHIV。

それでも全世界のHIV感染者は約3700万人。
毎年約100万人が感染に伴う病気で亡くなって
いるそうです。

こうした中もしかして抜本的な治療法が開発される
かもしれないニュースが。

世界で2例目、HIV患者治る ネイチャーで報告

 英国やスペインなどの研究チームは5日、エイズウイルス
(HIV)に感染した患者が「治った」と、英科学誌ネイチャーに
報告した。
2008年に報告されて以来、世界で2例目だという。いずれ
も別の病気の治療のため、骨髄などを移植する「造血幹細胞
移植」を受けていた。治療法の研究が進むことが期待される。


この患者は当然HIVのウイルス抑制のために投薬されて
いましたが、「進行性ホジキンリンパ腫」という病気の治療の
治療のために造血幹細胞の移植を受けていました。

実はその提供者はCCR5に関わる遺伝子に特別な変異が
ある人だったんですね。

このCCR5はHIVが感染するための「足がかり」となる
蛋白質で、まれにいる感染に必要なCCR5を持たない人は
HIV感染が起きにくいんです。

現在この患者はHIVの薬無しでも1年半の間HIVウイルスが
検出されていないことにより治ったと判断されました。

このことをもとに新治療法を開発できるかも知れませんね。(^∇^)





リュウグウへ行くには亀に乗らないといけない
のでは?なんて。(‐^▽^‐)

亀よりハヤブサのほうが早く着きますからね。

それにしても、3億4000万キロのかなた、
地球と太陽の距離の2倍以上です。

光でも19分弱かかってしまう距離。

昔の人間なら、魔法を使っているんでしょうと
逆に関心しないかも知れませんが、なまじ
技術を知っていると、自分でやったらと考える
ので、よりスゴイなと思います。

つくづく人類の技術ってすごいと思います。

はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、「小惑星
探査機『はやぶさ2』が、地球と火星の間にある小惑星
『リュウグウ』への着陸に成功したと判断した」と発表した。
同日午前8時前、相模原市中央区のJAXA宇宙科学
研究所の管制室に集まったメンバーに拍手と笑顔が広がった。


今回の技術のすごさは、遠い小さな小惑星に到着
することだけではなく、表面がでこぼこなので安全に
着陸するために、直径6メートルの円内という非常に
狭い場所に限定されていたことだそうです。

個人的には、自動車がバックで安全に駐車できる
技術の高級版と思うとまあできるんじゃないのと
思ってしまいましたが。(^∇^)





魚は人間より偉いのでは?

人間なんて髪の色、ヒゲのありなし、化粧の仕方、
ピアスなどいろいろと区別する要素があります。

私にはとても魚の顔の区別はつきません。(^∇^)

魚も鏡に映る自分の姿を認識か、大阪市大などが研究

大阪市立大学などが加わる研究チームが、「海の掃除屋」
と呼ばれる魚ホンソメワケベラに鏡を使った認識テストを行っ
たところ、鏡に映った自分の姿を認識できたと考えられる
結果が出たという。
オンライン科学誌「プロス・バイオロジー」に論文が掲載された。
このテストは、動物の自己認識能力を測定するため1970年
に考案されたもの。寄生虫に似た茶色の印を、鏡でしか見え
ない体の部位に付けると、鏡を見た後で硬い場所にこの部位
をこすり付けて印を落とそうとしたという。
しかし、鏡を見せなかった際にはこうした行動は見られず、
鏡に映っているのが自分だと魚が理解していることを示唆し
ていると研究者らはみている。


人間では、生後18カ月前後でテストに合格するそうですよ。

 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る