FC2ブログ

プロフィール

sansiroh

Author:sansiroh
sansirohです
もともと文系、でも
大学院工学系研究科
修了なので理系が
メインということにo(^-^)o


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

AdSense1


リンク


最新コメント


RSSリンクの表示


月別アーカイブ


どの写真を見てもにこやかなお顔です。

いい人の顔っていいですね。o(^-^)o

ノーベル化学賞の吉野さん「最高です」 授賞式後にこやかに

 ノーベル化学賞の吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)は
10日夜(日本時間11日未明)、ストックホルムのコンサート
ホールでの授賞式を終えた。
ホールの舞台上で取材に「(気分は)最高です」と答えた
吉野さんは、続いて公式行事の晩さん会にも出席。
真夜中にホテルに戻ると「やっと受賞の実感が湧いてきた」
とほっとした表情を浮かべた。


悪人はやはり同じく顔に出ます。

極悪人はそれなりに映画にでも出てもらえばいいけど、
安倍や菅の言い訳をする小物の顔はエキストラ程度。

昨日もお知らせしたけど、反社の定義を辞めちゃうとは
驚かされますね。

もう、狂っているとしか思えません。

警察や善良な企業はこれからどうしたらいいんでしょうね。

反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

「反社会的勢力」(反社)とは何か。もう我々には分からなく
なってしまった。なぜなら安倍晋三政権が10日、反社は
「その時々の社会情勢に応じて変化し得るもので、定義は
困難」との答弁書を決めてしまったのだ。もちろん、ネット上
では疑問の声の嵐が吹きすさぶ。
ー中略ー
実は第1次安倍政権時の2007年6月、首相主宰の「犯罪
対策閣僚会議」がまとめた「企業が反社会的勢力による
被害を防止するための指針」で、「暴力、威力と詐欺的
手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人で
ある『反社会的勢力』」と明記していたのだ。


反社との付き合いで追放されてしまった芸能人などは
頭来るでしょうね。o(^-^)o
スポンサーサイト



工学博士号をもっているんですから、まあ私は
理科系。

それも、AIがらみの研究をしていたんです。

その私が今の技術進歩、とくにそれを支える
ハードウェアの進歩には驚かされます。

簡単に言えばCPUの処理能力とメモリの量。

いまや、ドラエモンの翻訳こんにゃくが実現できるように
なってしまいました。

「同時翻訳も」クアルコム・最新チップのAI処理能力

 米クアルコムは、ハワイで12月3~5日(現地時間)に
「スナップドラゴン・テックサミット」を開催。2020年に
発売されるスマートフォンなどに搭載される予定の
チップセット「スナップドラゴン865」や「スナップドラゴン7
65/765G」を発表した。
前モデルの「スナップドラゴン855」から大きく強化され
たのがAIの処理能力だ。
 スナップドラゴン865は、AI処理の性能を示す演算
回数が1秒間に15兆回に達した。競合となるアップル
がiPhone 11などに搭載している「A12バイオニック」は、
この値が5兆回。ファーウェイは最新の「キリン990」の
数値を公開していないが、過去データとの比較から、
スナップドラゴン865はファーウェイも上回っているもの
とみられる。
ー中略ー
 AIの処理能力が上がるメリットは、端末上での機能が
増えることだ。たとえば、グーグルのピクセルシリーズに
は、スマホに音楽を聞かせると曲名などを表示する機能
が搭載されているが、現状ではネットワークにつなぎ、
サーバー上で音楽の解析を行っている。処理能力が
上がれば、これを端末上で完結できてスピードアップに
つながる。音声認識や翻訳も同様だ。クアルコムの基調
講演では、英語から中国語に、ほぼリアルタイムで言語
が翻訳されるデモンストレーションが披露された。


こうしたAIが当然のようになれば、安倍政権でのあいまい
答弁やさくらを見る会でのふざけた定義などは消滅する
でしょう。

ましてやこんな言い訳など。

「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

 政府は10日、「反社会的勢力」の定義について「その時々
の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的
な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定した。政府による
「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の
国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味に
ついて、網羅的な確認は困難」とした。





どこの国も同じような風習があるんですね。

まるでなまはげです。

チェコで伝統のクリスマス行事、悪い子にお仕置き
チェコクリスマス行事
チェコの首都プラハ
から330キロ離れた
村で、クリスマスを
前に悪い子どもたち
にお仕置きをする
「悪魔」に扮した大人
たちが村を練り歩いた。
これはサンタクロースのモデルとなったといわれる
聖ニコラウスを祝うクリスマス前の伝統行事。
「悪魔」は羊の皮を着て恐ろしい形相のマスクを着け
ているが、村の子供たちは大喜び。「追いかけてくる
のは怖いけど楽しい」と話していた。


なまはげでは小さい子は怖くて泣いてしまいますが、
お国柄なんでしょうか、チェコでは喜んでいるよう。o(^-^)o
いやはや、おばさま相手の口当たりのよい
馬鹿話をできても、実務的な能力はゼロ?

小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

 スペイン・マドリードで開催中の国連気候変動枠組み
条約第25回締約国会議(COP25)で、11日に日本政府
代表として演説する小泉進次郎環境相が、石炭火力
発電事業の輸出制限を表明しない方針であることが
政府関係者への取材で判明した。
ー中略ー
 政府関係者によると、小泉氏は演説で、石炭火力の
輸出を原則認めない方針を打ち出すことで世界全体で
の排出削減への貢献をアピールすることを目指していた。
しかし、一部の途上国で石炭火力の需要があるとして
輸出を推進する経済産業省や官邸との調整が難航し、
折り合いがつかなかったという。


全く指導力ゼロではないですか?

自然エネルギーの大幅増に向けて政策を検討中の
ための火力発電暫定利用とでもいえばいいのに。

まあ、無理でしょうね、国内の原発再開の動きには
抗しきれず、かと言って実際の全面再開には安全面
検討のたま当分無理だろうし。
AIと言えば何でも解決できるのかと。

確かに、AIは膨大なデータをもとに作った
人間の能力をはるかに超える部分もある
かも知れません。

しかし、いまのところはAIが扱えるデータは
所詮ネット経由ないし、人間が渡すものだけ。

人間のように、暑さ寒さにより快適不快を感じる
わけではないので、本当の意味で人間にとって
よしあしを判断することはできないでしょうね。

まあ、とにかく、評価尺度、目標が明確なものは
AIでOKとは思います。

ところが、この記事、かなり高度な判断を?

感情を察知するAIロボットが宇宙に、飛行士間の対立緩和に一役

人間の感情を察知できる人工知能(AI)ロボットが5日、国際
宇宙ステーションに向け打ち上げられた。このロボットは「クルー
との意思疎通ができる動くコンパニオン(Crew Interactive
Mobile Companion)」CIMON2で、IBM(IBM.N)が製作。
ー中略ー
CIMON2は、宇宙飛行士の科学実験を支援するほか、隔離された
複数の人間が非合理的な決定を下す行動現象「集団思考」を
軽減するようにも設計されている。
「集団思考はとても危険だ」と開発した技術者は指摘する。飛行士
同士の意見が対立した際のCIMON2の最も重要な任務は、
客観的な第3者として話したり、飛行士同士が協力するのを
支援することだという。


仲裁役みたいなことはまあできないこと。

思うに、AIが人間ではないということが、仲裁される人間側は
公平だと思うので、いいのかもしれませんね。



道交法を作った当時にはこんなにもあおり運転が
増えるとは思っていなかったんでしょう。

事故を起きないようにするためのかなりの抑止効果が
あるのではと期待できます。

しかし、確実な証拠が必要ですから、被害にあった車に
とっては後方も録画できるドライブレコーダーが必要。

となると業界も販売増を期待するでしょうね。

道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

 警察庁は、道路交通法に「あおり運転」を新たに規定し、
事故を起こさなくても即座に免許取り消し処分とする方針
を固めた。6日の自民党の交通安全対策特別委員会で
検討案を説明した。来年の通常国会での法改正を目指す。
厳罰化も図り、悪質ドライバーの排除を目指すとしている。
 検討案によると、あおり運転を「他の車の通行を妨害する
目的で、一定の違反(過度に車間距離を詰めたり、急に
進路を変更したりすることなどを想定)により交通の危険を
生じさせる恐れのある場合」と規定し、違反した場合は
罰則を設ける。「高速道路上(一般道を含む)で他の車を
停止させるなど、著しく交通の危険を生じさせた場合」は、
さらに重い罰則を科す。






政府が記録を残すのは大切なことという解説があります。

民主党批判のためでしょうが、わかりやすい。

その文章。

「千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに
対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる
記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な
資料」「その作成を怠ったことは国民への背信行為であり、
歴史的な危機に対処していることへの民主党政権の意識
の薄さ、国家を運営しているという責任感のなさが如実に
表れています」


議事録に限らず、公的な文書というのはある政権が行った
ことを検証し、教訓を得るため残す必要があるんだと解説。

これを述べたのが、今回桜を見る会問題で資料をさっさと
廃棄することを決めてあるのでとうそぶいている菅官房長官
というから笑ってしまいますね。

「議事録は最も基本的な資料」記録の重要性訴える菅氏の著作が話題に

 「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」「(議事録の)
作成を怠ったことは国民への背信行為」。こう書かれた書籍が
ネット上で話題となったという。
著者は菅義偉官房長官。旧民主党政権が東日本大震災に
対応する会議の大半で議事録を残していなかったとして、政府の
記録の大切さを訴える部分がある。「桜を見る会」を巡る問題の
解明を阻む言葉――「招待者名簿は廃棄」「名簿のバックアップ
データは保存期間を過ぎ復元できない」――を繰り返すその人が
筆者だったこともあり、「まさにブーメラン」「お前が言うな!」など
の書き込みが相次いだ。


まあ、ビックリ仰天かもしれませんが、民主党政権時代に書いた
内容というのは「政府」の意味は「国民を守るべき民主党政府」
という意味であって、「国民を愚弄し、国民の生活を破壊する
安倍政権」は「政府」ではなく、「お上」ですから矛盾はしません。

とにかく、安倍政権はふざけた政権です。( ̄へ  ̄ 凸






桜を見る会問題で安倍政権の国民愚弄の態度が
日々明らかになり怒り心頭。

こんなことでは天罰が下るのではなんと思っていたら。

昨日、今日と地震が連発。

茨城で震度4 M4.8 津波の心配なし

 3日午前10時18分ごろ、群馬県南部などで震度4の地震が
あった。気象庁によると、震源地は茨城県南部で、震源の
深さは約60キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は
4.7と推定される。


茨城で震度4 M4.8 津波の心配なし

 4日午前10時38分ごろ茨城県で震度4の地震があった。
気象庁の発表によると、震源地は茨城県北部で、震源の
深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は
4・8と推定される。津波の心配はない。


それにしても、近頃地震が多すぎですよ。

2016年の記事だけれどもこんな予測も。

茨城周辺で相次ぐ地震は平成版「関東大震災」の前兆!? 首都直下型巨大地震の“Xデー”が近づいている!
https://tocana.jp/2016/08/post_10505_entry.html


いやですよ、巨大地震は。

安倍のせいで起きたらたまったもんじゃありません。( ̄へ  ̄ 凸




今回の桜を見る会問題は発端は安倍首相の国費で
賄われているいる会を私物化、それも選挙運動に
まで利用しているということです。

しかし、この問題がいろんなメディアで騒がれ続けられて
いる原因が、追究されたことに対し、安倍忖度のために、
国民を愚弄し、政権としての責任を一切放棄する態度を
示しているからでしょう。

まして、本来消費者を守るべき省庁が役割を忘れて安倍
擁護に走るとは。

だまされた方が悪い? 衛藤消費者担当相の発言にネットで批判相次ぐ

 悪質なマルチ商法を展開していた「ジャパンライフ」
の元会長が、首相主催の「桜を見る会」の招待状を
勧誘に利用していたとの指摘について、衛藤晟一
消費者担当相が「私はそういう方は要注意だと思って
接する」などと述べた。
インターネット上では「だまされた人が悪いと言っている
ようだ」「消費者担当相なのに消費者保護の意識が
感じられない」などと批判が多数上がっている。
ー中略ー
 衛藤担当相の発言について、消費者問題に詳しい
紀藤正樹弁護士は「消費者目線の発言ではない。
各界の功績・功労のある人を招くという本来の桜を見る
会のあり方からすれば、消費者が(ジャパンライフの
宣伝を)信じるのはやむを得ない。発言は、本来の会の
あり方と、推薦すれば誰でも入れたという事実を混同し
ており、政府の責任を国民に押しつけている」と批判する。


この政権は空前絶後というべきほどの悪辣な政権ですね。( ̄へ  ̄ 凸




共産党の田村議員の追求から火がついた
桜の花を見る会の問題。

珍しく、TVメディアも連日報道したせいか、
国民も注意を払うようになりました。

その中で一番問題と思われているのは国民を
愚弄するような態度ではないかと思われます。

その結果、ようやっと?内閣支持率の低下が。

毎日新聞世論調査 「桜」納得せず72% 内閣支持6ポイント低下42%

 毎日新聞は11月30日と12月1日、全国世論調査を実施した。
安倍内閣を「支持する」は42%で、10月に行った前回調査の
48%から6ポイント減った。
「支持しない」は35%で前回調査(30%)から5ポイント増加した。
「関心がない」は21%だった。
安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」をめぐり、野党が反
社会的勢力の関係者が参加していたと指摘している問題に
ついては、誰の推薦でどのような人物が会に招待されていた
のか、政府は「明らかにすべきだ」は64%で、「明らかにする
必要はない」の21%を上回った。
ー中略ー
 政府は廃棄と資料要求は一切関係ないとしているが、この
説明に「納得できる」は13%にとどまり、「納得できない」の
72%が大勢だった。公文書管理のあり方に多くの国民の
不信感が表れた形だ。
国の税金を使って開く「桜を見る会」に安倍首相の地元
後援会関係者らが多数、招待されていたことについては
「問題だと思う」が65%、「問題だとは思わない」が22%だった。


驚くのは、こんな安倍政権を問題と思わない国民が多数
いることですね。

金持ちならいざ知らず、もうおバカさん状態。





 | ホーム |  前のページ»»


FXで斬る